バイタルアンサーの副作用・健康被害はなく安全です!過剰摂取はNG

バイタルアンサー副作用や健康被害の心配はありません。

 

腹痛や頭痛、下痢、さらには抜け毛が増えたり、ハゲる心配もないので安心して試して下さい。

 

但し過剰摂取には気を付けて下さい。必要以上に摂取することで思わぬ体調の異変が現れる恐れがあります。

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

※キャンペーンが終了している場合は、リンク先がエラーになります

 

 

 

配合成分の副作用の有無・安全性を検証

虫眼鏡を持つ女性

 

バイタルアンサーに配合されている各成分の副作用の有無や安全性に関して確認していこうと思います。

 

 

アルギニンの副作用・安全性

バイタルアンサーで一番多く配合されている成分が『アルギニン』です。

 

アルギニンは力強い巡りを促すことによって、男の自信を高めることができる成分として知られています。

 

鶏肉や大豆、エビ、マグロなど、普段私たちが良く口にする食材にも多く含まれているため、安全性が確認されています。

 

<引用>

タンパク質の構成アミノ酸であり、ヒトは通常アルギニンを含むタンパク質を食品から多量栄養素として摂取している。

 

動物に投与されたアルギニンは、細胞内タンパク質の連続的な代謝に利用され、アルギニンが過剰になったとしても、動物体内で代謝され、蓄積されることはないことから、食品を通じて動物用医薬品及び飼料添加物由来のアルギニンをヒトが過剰に摂取することはないものと考えられる。

 

アルギニンは動物用医薬品、飼料添加物等、さまざまな分野での使用実績においても、これまでに安全性に関する特段の問題はみられていない。

 

以上のことから、アルギニンは、動物用医薬品及び飼料添加物として通常使用される限りにおいて、食品に残留することにより人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものであると考えられる。

 

【参考文献】
対象外物質 評価書 アルギニン 2012年食品安全委員会肥料・飼料等専門調査会

 

 

過剰摂取は要注意

但し過剰摂取には気を付けましょう。

 

アルギニンはアルカリ性の物質なので、必要以上に摂取すると胃や腸に負担をかけます。

 

消化器官に影響を及ぼして、胃痛や下痢を起こす恐れがあります。

 

成人男性におけるアルギニンの1日あたりの摂取上限は15,000〜21,000mgです。

 

バイタルアンサーでは1日あたり16,000mgのアルギニンを摂取することができるので、それ以上の摂取は控えましょう。

 

普段の食事からもアルギニンを摂取するので、1日10粒までにしましょう。

 

 

 

シトルリンの副作用・安全性

スイカ

 

シトルリンは遊離アミノ酸の一種です。

 

上記のアルギニンとの相性が良く、両者を同時に摂取することで相乗効果が生まれます。

 

シトルリンはスイカなどのウリ科の植物に豊富に含まれている成分なので、安心して摂取することができます。

 

シトルリンに関する安全性の試験も行われていて、安全性が確認されています。

 

毒性も低く、過剰摂取をしても副作用の心配はありません。

 

そのため、上限摂取量も設定されていません。

 

<引用>

L-シトルリンは生体機能にとって重要物質であり、動植物の生体内に普遍的に存在すること、食経験の長い食品中にも存在すること、などから安全性は高いと考えられる。

 

実際,マウス経口急性毒性試験ではLD50は5g/kg以上であった。ラット4週間反復投与試験(2g/kg/day)でも問題は認められなかった。

 

また、欧州で医薬品として長い使用実績があるCitrulline-MalateはL-シトルリンとして1日あたり3.4gを摂取するが問題となる副作用の報告は無い。

 

【参考文献】
食品と容器 2009 vol.50 | 缶詰技術研究会

 

 

オルニチンの副作用・安全性

シジミ

 

オルニチンは肝臓の働きをサポートしたり、疲労回復などの働きがあります。

 

シジミやチーズ、ヒラメ、パンなどのさまざまな食材に含まれていて、普段から頻繁に摂取している栄養素です。

 

そのため、副作用の症状が現れる心配はありません。

 

<引用>

健康な成人男女16名(平均47.9±11.5歳)を対象としたオープン試験において、L-オルニチン2.4gを12週間摂取させたが副作用は認められていないという報告や、健康な成人男性22名(平均37.23歳、試験群11名)を対象とした二重盲検プラセボ比較試験において、L-オルニチンとL-アルギニン4g/日(L-オルニチン2g含有)をウエイトトレーニングと併用して5日間摂取させたところ、筋力と除脂肪体重が増加し、尿中ヒドロキシプロリン値が低下したという報告がある。

 

【参考文献】
オルニチン

 

 

過剰摂取による異変

オルニチンを1日あたり10g以上摂取した場合に、胃の不調を訴えるケースが報告されています。

 

具体的には腹痛や痙性胃痛、下痢などの症状です。

 

バイタルアンサーでは1日あたり100mgしか配合されていないので、過剰摂取による副作用の恐れもありません。

 

日頃の食事で摂取するオルニチンの量を加えても、1日に10gを摂取することは非現実的です。

 

 

トリプトファンの副作用・安全性

トリプトファンは必須アミノ酸の一種です。

 

精神的な緊張やストレスなどを緩和してくれる成分です。

 

乳製品や大豆製品、ナッツ類などに豊富に含まれている成分なので、副作用の心配はありません。

 

 

過剰摂取は要注意

但しトリプトファンの過剰摂取には気を付けて下さい。

 

必要以上に摂取すると、肝臓で脂肪分の変化が起こり、肝硬変になる恐れがあります。

 

AFSSA(フランス食品衛生安全庁)では、DGCCRF(競争・消費・不正抑止総局)からの諮問を受けて、サプリメントにトリプトファンを1,000mgまで使用することに関する意見書を提出しています。(2009年6月16日付け)

 

申請者は「消費者が期待する栄養効果を得ることができるよう」という目的で、トリプトファンの量を220mg/日から1,000mg/日に引き上げるように求めてきました。

 

この申請に対して、AFSSAはサプリメントに含有できるトリプトファンを従来通り1日あたり220mgまでに抑えるべきだという意見書を提出しています。

 

バイタルアンサーではトリプトファンは1日あたり62mgしか配合されていないので、過剰摂取になる恐れはありません。

 

【参考文献】
AFSSA意見書 2007-SA-0231

 

 

亜鉛の副作用・安全性

牡蠣

 

亜鉛はミネラルの一種で、人間が正常に活動するために欠かせない栄養素です。

 

炭水化物や脂質、たんぱく質の代謝や、免疫力の強化などの働きがあります。

 

亜鉛は人間の身体に対して毒性が非常に低いため、副作用や健康被害の心配はありません。

 

 

過剰摂取は要注意

亜鉛の過剰摂取については注意して下さい。

 

一時的に大量に亜鉛を摂取すると、めまいや吐き気、胃障害、腎機能障害、神経症などの症状が現れます。

 

また、継続的に亜鉛を過剰摂取し続けると、貧血や免疫障害、神経症状、下痢などの症状が現れる恐れがあります。

 

通常の食事で亜鉛の過剰摂取になることはほぼありませんが、サプリメントなどで亜鉛を摂取する場合は気を付けて下さい。

 

亜鉛の耐容上限量は成人男性で1日あたり45mgとなっています。

 

バイタルアンサーでは1日あたり20mg配合されているので、亜鉛の過剰摂取になる恐れはありません。

 

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

 

 

バイタルアンサーに配合されているビタミン類は安全です

野菜

 

バイタルアンサーにはビタミン類もたくさん配合されています。

 

ビタミン類はさまざまな食材に含まれていて安全な栄養素なので、安心して摂取して下さい。

 

ビタミンAの副作用・安全性

ビタミンAは皮膚を正常に維持したり、目の健康維持などの働きがあります。

 

基本的には副作用の心配はありませんが、過剰摂取には気を付けて下さい。

 

ビタミンAは脂溶性ということもあり、必要以上に摂取すると体内に蓄積されます。

 

肝臓に蓄積されてビタミンA過剰症となり、頭痛や吐き気、発疹、疲労感などの症状が現れることがあります。

 

ちなみにビタミンAの耐容上限量は成人男性で1日あたり2,700μgRAE(※)です。

 

※レチノール活性当量(μgRAE)=レチノール(μg)+β-カロテン(μg)×1/12+α−カロテン(μg)×1/24+β-クリプトキサンチン(μg)×1/24+その他のプロビタミン A カロテノイド(μg)×1/24

 

バイタルアンサーに配合されているビタミンAの量はそれほど多くはないので、過剰摂取になることはありません。

 

 

 

ビタミンCの副作用・安全性

ビタミンCは果実や野菜などの幅広い食材に含まれている栄養素です。

 

毒性が低く、安全性も確認されているので、安心して摂取することができます。

 

水溶性のビタミンのため、過剰に摂取しても尿などと一緒に排出されるため、過剰摂取が原因で重大な副作用が起こることはありません。

 

また、ビタミン剤やサプリを利用して1日あたり10g以上を摂取すると、嘔吐や腹痛、下痢、頻尿、発疹などの症状が現れることがありますが、一時的のものです。

 

バイタルアンサーでは過剰摂取を引き起こすほどのビタミンCは含まれていません。

 

 

 

ビタミンDの副作用・安全性

ビタミンDは植物性食材に含まれるビタミンD2と、動物性食材に含まれるビタミンD3の総称です。

 

一般的な食材に含まれている栄養素なので、特に副作用を心配する必要はありません。

 

脂溶性のビタミンのため、必要以上に摂取した分も体内に蓄積されるため、過剰摂取には注意しましょう。

 

ビタミンDの過剰摂取を続けていると、骨からカルシウムが溶け出して血液中のカルシウム濃度が上昇します。

 

その結果、全身に倦怠感を覚えたり、食欲不振や嘔吐、下痢、脱水症状などを引き起こす恐れがあります。

 

ビタミンDにおける毒性発生の閾値は1日あたり10,000〜40,000IUと言われています。

 

通常の食事でビタミンDが過剰摂取になることはほぼありませんが、サプリメントなどを摂取する場合は注意して下さい。

 

バイタルアンサーはサプリメントですが、ではビタミンDの配合量は少ないです。

 

過剰摂取を心配することなく、安心して飲んで下さい。

 

 

 

ビタミンEの副作用・安全性

ビタミンEは若返りのビタミンと呼ばれていて、身体の老化を防いだり、生活習慣業を予防する働きがあります。

 

ナッツ類や魚介類、カボチャ、モロヘイヤなどに含まれていて、副作用の心配はありません。

 

脂溶性ビタミンの一種で、必要以上に摂取すると体内に蓄積されますが、その他の脂溶性ビタミンよりも悪影響は少ないです。

 

実際にビタミンEの過剰摂取による健康被害はほとんど報告されていません。

 

過剰摂取による副作用としては、下痢や吐き気、軽度の肝障害などが挙げられます。

 

ちなみにビタミンEの耐容上限量は成人男性では1日あたり800〜900mg程度です。

 

バイタルアンサーでは過剰摂取になるほどのビタミンEは配合されていません。

 

 

 

ビタミンB1の副作用・安全性

ビタミンB1はビタミンB群の一種で、チアミンとも呼ばれています。

 

穀類や肉類、魚介類、野菜類などのさまざまな食材に含まれている成分なので、副作用の心配はありません。

 

また、ビタミンB1を必要以上に摂取した際にも、余分な栄養は尿などと一緒に排出されます。

 

但しサプリメントなどで1日あたり10g以上のチアミン塩酸塩を2週間以上にわたって摂取し続けると、頭痛や不眠、苛立ち、速脈などの症状が現れることがあります。

 

バイタルアンサーに配合されているビタミンB1は、過剰摂取になるほどの量は含まれていないので安心して下さい。

 

 

 

ビタミンB2の副作用・安全性

ビタミンB2はリボフラビンとも呼ばれていて、美容や発育に貢献するビタミンとして知られています。

 

レバー(牛・豚・鶏)や乳製品、魚介類などに豊富に含まれています。

 

さまざまな食材に含まれているので副作用もなく、安心して摂取することができます。

 

水溶性のビタミンなので、過剰摂取しても必要以上の量は体外に排出されます。

 

多量摂取による健康被害も心配ありません。

 

実際にビタミンB2を過剰摂取した検証実験でも健康被害は報告されていません。

 

 

 

ビタミンB6の副作用・安全性

ビタミンB6はビタミンB群の一種で、ピリドキシンとも呼ばれています。

 

レバーや魚介類、豆類、卵、バナナなどに豊富に含まれています。

 

普段から私たちがよく食べる食材にも含まれているため、安全性は確認されています

 

普段の食事からビタミンB6を摂取する場合は、過剰に摂取した分は尿などと一緒に排出されるので気にする必要はありません。

 

しかしビタミンサプリなどで大量に摂取し続けた場合は腎臓結石ができたり、感覚神経障害が現れる恐れがあります。

 

そのため、1日あたり200〜500mgのビタミンB6を毎日摂取することは控えて下さい。

 

バイタルアンサーにもビタミンB6が含まれていますが、過剰摂取を心配するほどの量は配合されていません。

 

【参考文献】
最新版からだに効く栄養成分バイブル:中村丁次監修 主婦と生活社

 

 

ビタミンB12の副作用・安全性

ビタミンB12はビタミンB群の一種です。

 

赤血球を生成する際に機能するため、造血のビタミンと呼ばれています。

 

肉類(レバー)や魚介類、卵、乳製品などに含まれています。

 

普段の食事でも頻繁に摂取している栄養素なので、副作用の心配はなく安心して摂取することができます。

 

仮にビタミンB12を過剰摂取したとしても、必要な内因子の分泌量の範囲内でしか吸収されない性質があるため、過剰症の心配もありません。

 

【参考文献】
栄養成分の事典:則岡孝子 新星出版社

 

 

葉酸の副作用・安全性

葉酸はビタミンB群の一種で、上記のビタミンB12と共に赤血球の生成に携わる役割を担っています。

 

肉類(レバー)や野菜類、果実類、豆類、乳製品などにたくさん含まれています。

 

普段の食事で摂取する場合においては、葉酸の過剰摂取で健康被害を受けることはありません。

 

但しサプリメントなどで大量に摂取した場合は、神経障害や発熱、じんましん、皮膚炎などの症状が現れる恐れがあります。

 

成人男性における葉酸の耐容上限量は1日あたり900〜1,000μgに設定されています。

 

バイタルアンサーにも葉酸は含まれていますが、上限量に達するほどの量は配合されていません。

 

【参考文献】
栄養素の通になる第2版:上西一弘 女子栄養大学出版部

 

 

ナイアシンの副作用・安全性

ナイアシンはビタミンB群の一種です。

 

レバーやカツオ、鯖(さば)、鶏肉、きのこ類、緑黄色野菜などのさまざまな食材に含まれています。

 

体内にもたくさん存在している栄養素なので、副作用の心配はありません。

 

普段の食事でナイアシンの摂り過ぎによって健康に害を及ぼすこともありません。

 

但しサプリメントなどで大量に摂取した場合は、皮膚が痒くなったり、ヒリヒリしたりすることがあります。

 

これらの一時的な症状で、時間が経過すれば治まっていきます。

 

ちなみに成人男性におけるナイアシンの耐容上限量は1日あたり300〜350mgです。

 

バイタルアンサーには耐容上限量を超えるナイアシンは含まれていないので安心して下さい。

 

 

 

パントテン酸の副作用・安全性

パントテン酸もビタミンB群の一種で、ビタミンB5と呼ばれていました。

 

肉類や魚介類、きのこ類、野菜類、卵、納豆などのさまざまな食材に含まれています。

 

普段私たちが口にする多くの食材に含まれているので、副作用の心配はありません。

 

また、過剰摂取の心配もないので、耐容上限量は設定されていません。

 

実際にパントテン酸を大量に摂取したことによる健康被害も報告されていないので安心して下さい。

 

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

 

 

食物アレルギーには気を付けよう

注意事項

 

バイタルアンサーでは配合成分の安全性をしっかりと確認していますが、食物アレルギーがある場合は気を付けて下さい。

 

購入する前にバイタルアンサーの配合成分を確認して、アレルギーに該当する成分が含まれているかどうかをチェックしましょう。

 

食物アレルギーに該当する成分が配合されている場合は、服用する前に医師や薬剤師に相談して下さい。

 

実際に飲んだ後、アレルギーの症状が疑われる場合は服用を中止して、医師の診断を受けるようにしましょう。

 

 

食物アレルギーの主な症状

食物アレルギーの症状はさまざまですが、特に多いのが皮膚に関する症状です。

 

アレルギーに該当する食材を摂取した後、かゆみ、じんましん、むくみ、赤くなる、湿疹などの症状が現れることが多いです。

 

消化器系の症状としては、下痢や吐き気、嘔吐、血便などの症状が現れます。

 

 

食物アレルギーは子供の頃に発症することが多く、思春期を過ぎた後に発症する可能性はかなり低いです。

 

そのため、大人になるまで食物アレルギーを発症していない場合は心配することはありません。

 

 

 

品質管理も万全!国内工場で一貫製造しています

バイタルアンサーはGMPと有機JAS、HACCPの3つの認定を受けた工場で製造

 

バイタルアンサーでは配合成分だけでなく、品質管理も徹底しています。

 

購入者に安心して飲んでもらえるように、国内工場で一貫製造をしています。

 

さらにGMP有機JASHACCPの3つの認定を受けた工場なので、厳しい規格に基づいて製品化されています。

 

バイタルアンサーは安全で高品質なメンズサプリだと言えます。

 

<GMPとは>
「Good Manufacturing Practice」の略称で、製造工場における製造管理、品質管理の基準のことです。

 

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたるすべての過程において、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれるよう定められています。

 

【参考記事】
医薬品GMPへの取り組み | 佐藤薬品工業株式会社

 

<有機JASとは>
JAS規格に適合した有機食品の生産が行われていることを登録認証機関が検査をして、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

 

有機JASマークは農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品ということを表していて、農産物や加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

 

【参考記事】
有機食品の検査認証制度 | 農林水産省

 

<HACCPとは>
原料の受け入れから最終製品までの各工程ごとに微生物による汚染、金属の混入などの危害要因を分析した上で危害の防止につながる重要な工程を継続的に監視・記録する工程管理システムです。

 

【参考記事】
HACCPとは? | 農林水産省

 

 

毎月300名限定キャンペーン実施中!

 

※キャンペーンが終了している場合は、リンク先がエラーになります

 

 

 

他の薬やサプリメントとの飲み合わせもオッケー

薬とおくすり手帳

 

バイタルアンサーを試す際に気になるのが、他の薬やサプリメントとの飲み合わせだと思います。

 

既に何かしらの薬やサプリメントを服用している場合は、身体に悪影響がないのか心配になりますよね?

 

バイタルアンサーは健康食品(サプリメント)なので、基本的には他の薬やサプリと一緒に飲んでも大丈夫です。

 

気になるようであれば、念のためにかかりつけの医師や薬剤師に相談してみると良いですね。

 

 

アルギニンのサプリを飲んでいる場合は併用を控えよう

但し、アルギニンのサプリを飲んでいる場合は気を付けて下さい。

 

バイタルアンサーの主要成分はアルギニンで、1日あたり1,600mgを摂取することができます。

 

上述しているとおり、成人男性におけるアルギニンの1日あたりの摂取上限は15,000〜21,000mgです。

 

そのため、バイタルアンサー以外のサプリメントでアルギニンを摂取すると、上限量を超えてしまい、身体に悪影響を及ぼす恐れがあります。

 

もし既にアルギニンが配合されているサプリメントを飲んでいるのであれば、バイタルアンサーを飲んでいる期間は控えるようにしましょう。

 

 

 

60代・70代でもバイタルアンサーを試して下さい

 

バイタルアンサーは幅広い年齢層の男性に人気があるメンズサプリです。

 

60代や70代の男性からも高い支持を得ています。

 

年齢を重ねるにつれて徐々に下半身の元気は衰えてきます。

 

男性ホルモンの分泌量は20代前半をピークにして、そこから徐々に減少していきます。

 

40代を迎える頃にはピーク時の半分程度に減少している男性が多いです…。

 

そのため、できるだけ若い年齢からケアをすることが大切ですが、60代や70代でもバイタルアンサーによって復活することは可能です。

 

もちろん30代や40代の男性と比較して回復するスピードは劣るかもしれませんが、毎日飲み続けることで徐々に男としての自信を取り戻すことができます。

 

あなたが「生涯現役でいたい!」と思っているなら、諦めず前にバイタルアンサーを試してみて下さい。

 

 

 

バイタルアンサーで抜け毛・ハゲの心配はありません

スーツを着た男性

 

バイタルアンサーを飲み続けることで、「抜け毛が増えてハゲになりやすくなるのではないか?」と不安を感じている男性もいます。

 

これは昔から『性欲が強い男性はハゲが多い』という噂を耳にしたことで不安になっているのだと思います。

 

確かにバイタルアンサーには男性ホルモンのテストステロンの分泌を促すアルギニンやシトルリン、亜鉛などの成分が配合されています。

 

しかし、テストステロンの分泌量の多さによって、薄毛が進行することはありません。

 

 

薄毛やハゲになる原因はAGAです

 

薄毛やハゲの原因はさまざまですが、特に多いのがAGA(Androgenetic Alopecia)です。

 

AGAは日本語で『男性型脱毛症』と訳されます。あなたも何度か耳にしたことがあると思います。

 

AGAは悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)がヘアサイクルを乱すことによって髪の毛が正常に成長しなくなることが大きな原因です。

 

DHTは還元酵素の5αリダクターゼとテストステロンが結びつくことで生成されます。

 

テストステロンは全ての男性が持っていますが、5αリダクターゼは個人差があります。

 

この5αリダクターゼが体内にどれだけ多く存在しているかによって、薄毛やハゲになる可能性が決定します。

 

つまり、どんなにテストステロンの分泌量が増加したとしても、あなたの体内に5αリダクターゼが存在しない(量が少ない)のであれば、薄毛やハゲになることはありません。

 

5αリダクターゼの量は遺伝による要素が大きいです。

 

特に母方の祖父の髪の毛の質・量に大きく影響します。

 

そのため、母方の祖父がハゲている場合は気を付けて下さい。

 

 

 


⇒ バイタルアンサーの公式サイトはこちら