バイタルアンサーの効果は嘘?効かない?配合成分から検証します

バイタルアンサーの効果に関しては、業界トップクラスのアルギニン配合量16,000mgを実現していることからも判断することができます。

 

さらに精力・活力系サプリにおいて5冠を達成していて、その実力は証明されています。

 

「いざという時に頼りにならない・・・」と悩んでいるならバイタルアンサーがおすすめです。男としての自信を取り戻すことができます。

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

※キャンペーンが終了している場合は、リンク先がエラーになります

 

 

 

効果は嘘じゃない!バイタルアンサーは5冠を達成した人気サプリ

バイタルアンサーが5冠達成

 

バイタルアンサーはメンズサプリランキングにおいて5冠を達成している人気サプリです。

 

精力・活力系サプリにおいて、『顧客満足度』『使い続けたい』『口コミ評価』『品質満足度』『人気の』各項目で第一位を獲得しています(驚)

 

「どうせ自作自演のランキングじゃないの?」と思うかもしれませんが、違います(キッパリ)

 

ゼネラルリサーチという第三者の調査期間に依頼をして実施しているアンケート調査です。

 

全国各地の30代〜60代までの合計1,400名の男性を対象にした調査結果なので、信憑性が高いです。

 

【ゼネラルリサーチ】
ゼネラルリサーチは市場調査(マーケティングリサーチ)サービスを提供している企業です。

 

日本国内1,538万人にアプローチをして、調査を依頼することができます。

 

豊富な属性パネルから隔たりのない調査対象の情報を抽出してリサーチを行います。

 

ゼネラルリサーチの公式サイト

 

 

 

モンドセレクション2017で金賞を受賞しています

バイタルアンサーはモンドセレクション2017で金賞を受賞

 

バイタルアンサーは2017年のモンドセレクションで『金賞』を受賞しています。

 

モンドセレクションの審査員は申請された商品をさまざまな評価基準によって、100点満点評価で採点を行います。

 

味や香り、外観やその他の感覚器官による判断、消費者向けに表示されている情報、使用されている成分、革新的要素、パッケージ、強調表示の真実性などのさまざまな観点から審査します。

 

採点数に応じて獲得できる優秀品質ラベルが決定します。

 

バイタルアンサーでは、上から2番目の優秀品質金賞を受賞しています。

 

優秀品質ラベル 採点数
優秀品質最高金賞 90〜100点
優秀品質金賞 80〜89点
優秀品質銀賞 70〜79点
優秀品質銅賞 60点〜69点

 

受賞者は3年間にわたって製品に優秀品質ラベルを表示することができるので、バイタルアンサーでは2020年まで表示できます。

 

 

優秀品質金賞は値打ちがある

実際にモンドセレクションを受賞している商品はたくさんありますが、金賞を受賞しているケースは少ないですね。

 

『モンドセレクション受賞!』とだけアピールしている商品は、銅賞や銀賞の可能性が高いです・・・(汗)

 

その点、モンドセレクションの優秀品質金賞を受賞しているバイタルアンサーは違います。

 

バイタルアンサーは国際的な評価機関からも高く評価されている商品だということが分かると思います。

 

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

 

 

配合成分の効果・作用を徹底解説

 

バイタルアンサーに配合されている成分の効果・作用を詳しくみていこうと思います。

 

主な配合成分は下記のとおりです。

 

【バイタルアンサーの主な配合成分】
アルギニン、シトルリン、オルニチン、トリプトファン、亜鉛

 

アルギニンの効果・作用

バイタルアンサーのアルギニン配合量

 

バイタルアンサーに一番多く配合されているのがアルギニンです。

 

アルギニンは非必須アミノ酸の一種で、体内ではグルタミン酸から生成されますが、生成される量自体が少ないので、積極的に食事などから吸収する必要があります。

 

アルギニンには成長ホルモンの分泌を促す働きがありますが、それ以外にも男性・女性を問わずさまざまな効果が期待できます。

 

 

精子数・精子運動性増加

男性面の効果においては、精子数の増加や精子の運動性の向上効果があります。

 

アルギニンには精子を成長させる成長ホルモンの分泌を促す働きがあるので、精子をたくさん作り出すことができます。

 

また、ポリアミンという物質を生成する働きもあります。

 

ポリアミンは精子の運動性を高める役割を担っているため、数だけでなく元気な精子を作り出してくれます。

 

そのため、アルギニンは男性不妊の改善目的で使用されることもあり、実際に世界各国で不妊改善効果が報告されています。

 

1)Schachterの研究チームは、男性不妊症の患者にアルギニン(〜4,000mg/日)を摂取させたところ、治療した患者のうち半数以上に精子数の増加が確認でき、さらに全体の28%に妊娠が認められた。(J. Urol., 1973; 110: 311-313 )

 

2)浜松医科大学では、精子の運動性が30%以下の患者(25例)に対してアルギニンを2,000mg/日摂取させたところ、21例に運動性の改善症状がみられ、6例に自然妊娠が確認された。(第48回日本不妊学会で発表(平成15年10月1日)

 

 

勃起力の改善

ペニスはスポンジ状になっている海綿体に血液を供給することで勃起します。

 

アルギニンは血管内で一酸化窒素(NO)の生成をサポートする働きがあります。

 

一酸化窒素は血管を拡張させる働きがあり、血流を改善してくれます。

 

その結果、海綿体に血液をスムーズに供給することができ、勃起力を高められます。

 

アルギニンによる勃起力改善効果も検証実験によって確認されています。

 

1)Zorgniottiの研究チームは、15名のED患者にアルギニン(約3,000mg/日)を2週間投与したところ、40%の患者に勃起力と性交率に関して改善症状が確認できました。(Int. J. Impot. Res., 1994; 6: 33-35)

 

2)Wollmanの研究チームは、46名の器質性ED患者に二重盲検法を用いて、アルギニン(5,000mg/日)またはプラセボ薬を6週間にわたって経口投与してもらいました。

 

その結果、アルギニン投与群(29名)には勃起障害の有意な改善症状が確認できました。プラセボ薬を投与したグループにおいてはほとんど改善症状は確認できませんでした。

 

特にアルギニン投与は一酸化窒素の産生が低下している患者において、より効果的だと報告されています。(B. J. U. Int., 1999; 83: 269-273)

 

【参考記事】
L-Arginineの不妊治療における効果

 

 

1日あたりの摂取目安量をクリア

アルギニンは1日あたり1,400〜4,200mgを、2〜3回に分けて摂取することが目安とされています。

 

バイタルアンサーでは1日あたり1,600mgのアルギニンを摂取することができます。

 

1日あたりの摂取目安量をしっかりとクリアしているので、アルギニンの効果を実感することができます。

 

バイタルアンサーの最大の特徴がアルギニンの摂取量です。

 

これだけ多くのアルギニンを配合している商品は他に見当たりません。

 

 

シトルリンの効果・作用

スイカ

 

シトルリンは遊離アミノ酸の一種で、『スーパーアミノ酸』とも呼ばれています。

 

スイカなどのウリ科の植物に含まれている成分です。

 

血管拡張作用

シトルリンは上記のアルギニンと同様に、一酸化窒素(NO)の生成をサポートする働きがあります。

 

一酸化窒素は血管を拡張する働きがあるので、全身の血流を改善することができます。

 

シトルリンとアルギニンを同時に摂取するとNOサイクルという相乗効果が生まれ、一酸化窒素の生成をより増加させることができます。

 

バイタルアンサーでは1日あたり500mgのシトルリンを摂取することができます。

 

 

 

疲労回復作用

シトルリンには体内の疲労を回復する働きもあります。

 

疲労を感じる主な原因はアンモニアと乳酸の蓄積です。

 

シトルリンは疲労の原因物質の一つであるアンモニアを肝臓内で尿素に分解して、体外へ排出する作用があります。

 

その結果、アンモニアの蓄積を防ぐことができるため、疲労回復効果が期待できます。

 

 

オルニチンの効果・作用

シジミ

 

オルニチンは血液中を循環する遊離アミノ酸の一種です。

 

シジミやチーズ、ヒラメ、パンなどに豊富に含まれています。

 

 

疲労回復作用

オルニチンには疲労回復作用があります。

 

身体に有害なアンモニアを肝臓で分解する働きがあります。

 

この働きは『オルニチンサイクル』と呼ばれていて、発生したアンモニアを無害な毒素に変換します。

 

アンモニアは体内でエネルギーを生成する際に作られる老廃物で、アンモニアが体内に大量に発生することで全身に疲労を感じます。

 

オルニチンの作用でアンモニアを分解することによって、疲労を回復することができます。

 

<検証実験>

健康な成人17名を対象にして、1日あたり6gのオルニチンを7日間にわたって摂取してもらったところ、運動疲労によるケトン体や尿中アンモニアの量が改善したことが確認できました。

 

さらに被験者の疲労感も改善されたことから、オルニチンには運動疲労軽減効果を持つと報告されています。

 

【参考記事】
L-ornithine supplementation attenuates physical fatigue in healthy volunteers by modulating lipid and amino acid metabolism.(英文)

 

 

成長ホルモンの分泌促進作用

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。

 

成長ホルモンは骨や筋肉、肌の調子を整える役割を担っています。

 

肌細胞の生まれ変わりの新陳代謝を活性化するため、いつまでも若々しい肉体を維持することができます。

 

<検証実験>

健康な成人17名を対象にして、トレーニングと一緒にオルニチンとアルギニンが配合されたサプリメントを摂取してもらったところ、成長ホルモンとインスリン様成長因子の増加が確認されました。

 

【参考記事】
Arginine and ornithine supplementation increases growth hormone and insulin-like growth factor-1 serum levels after heavy-resistance exercise in strength-trained athletes.(英文)

 

 

トリプトファンの効果・作用

トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、体内では生成することができないので食べ物から摂取する必要があります。

 

乳製品や大豆製品、ナッツ類、レバー(牛・豚・鶏)などに豊富に含まれています。

 

 

アンチエイジング効果

トリプトファンは体内の活性酸素を除去する働きがあります。

 

活性酸素は老化を進行させるため、トリプトファンの働きで老化の進行を防ぐことができます。

 

さらに脳内のトリプトファンの濃度が高まるほどセロトニンが増加してメラトニンに変換されます。

 

メラトニンは若返りの薬と呼ばれているので、いつまでも若い肉体を維持することができます。

 

 

不眠解消作用

トリプトファンはビタミンB6やナイアシン、マグネシウムなどと同様に、セロトニンという神経伝達物質を生成する原料になります。

 

このセロトニンは興奮や不快感を沈める作用や寝つきを良くする作用があります。

 

そしてセロトニンは脳の松果体でメラトニンに変換され、睡眠サイクルを正常にする働きもあります。

 

過度なストレスは下半身を正常に働かせるためには大敵です。

 

日頃から仕事などで精神的なストレスやプレッシャーを感じているいう方におすすめの成分だと言えます。

 

<検証実験>

軽度の不眠症患者(入眠までの時間が30分以上)15名を対象にして、トリプトファンを1日あたり1g摂取してもらう検証実験が行われました。

 

トリプトファンを摂取したグループは、プラセボを摂取したグループより睡眠障害が改善されたというデータ結果が示されました。

 

【参考記事】
Sleep induced by L-tryptophan. Effect of dosages within the normal dietary intake.(英文)

 

 

亜鉛の効果・作用

牡蠣

 

亜鉛はミネラルの一種で、細胞の新陳代謝に携わる200種類以上の酵素を構成する重要な栄養素です。

 

タンパク質や核酸の新陳代謝に欠かせない栄養素で、健康維持のために重要な役割を担っています。

 

亜鉛は牡蠣や肉類、魚などに含まれている成分です。

 

但しミネラルの中で一番欠乏しやすい栄養素なので、日頃から意識して摂取する必要があります。

 

 

生殖機能の正常化

亜鉛は精子の生成に欠かせない栄養素です。

 

男性の前立腺や精子自体に多くの亜鉛が含まれています。

 

体内の亜鉛が不足してしまうと、元気な精子が作られないだけでなく、精子の生成量も減少してしまいます。

 

さらにペニスの成長にも大きく関与します。成長期に亜鉛不足の状態が続くと、ペニスや睾丸の成長に悪影響を及ぼします。

 

<引用>

亜鉛の欠乏は精子形成や雄性の第1次および第2次性生殖器官の発育に影響する。

 

初期の組織病理学的研究によれば、亜鉛欠乏の雄性ラットでは、細精管の萎縮、睾丸、副睾丸、前立腺および脳下垂体の発育低下、睾丸胚上皮の萎縮などが観察されている。

 

【参考記事】
亜鉛と生殖

 

 

抜け毛予防

亜鉛は抜け毛予防にも効果を発揮します。髪の毛は主にタンパク質で構成されています。

 

亜鉛はタンパク質の合成をサポートする働きがあります。

 

さらに酵素の構成成分となって新陳代謝を促すことによって、頭皮や髪の毛を成長にも貢献して、過度な抜け毛を防ぐことができます。

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

 

 

バイタルアンサーに配合されているビタミン類の効果・作用

野菜

 

バイタルアンサーにはビタミン類も配合されています。

 

下半身の元気に関しては直接的な効果はありませんが、身体を正常に機能させるためには欠かせない栄養素です。

 

【配合されているビタミン類】
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・葉酸・ナイアシン・パントテン酸

 

各ビタミン類の主な働きは下記のとおりです。

 

ビタミンAの働き

ビタミンAはレチノール、レチナール、レチノイン酸、レチニルエステルなどの総称で、脂溶性ビタミンに分類されています。

 

主要成分はレチノールで、鶏肉や豚肉のレバー、うなぎ、牛乳、バター、チーズ、卵などにたくさん含まれています。

 

皮膚などの粘膜を正常にしたり、抵抗力を高めるなどの働きがあります。

 

また、心臓や肺、腎臓などのさまざまな期間を正常に機能させる役割も担っています。

 

【参考文献】
Ross CA. Vitamin A. In: Coates PM, Betz JM, Blackman MR, et al., eds. Encyclopedia of Dietary Supplements. 2nd ed. London and New York: Informa Healthcare; 2010:778-91.

 

 

ビタミンCの働き

ビタミンCは水溶性ビタミンの一種で、アスコルビン酸とも呼ばれています。

 

骨や腱などの結合タンパク質のコラーゲンやL-カルニチン、特定の神経伝達物質などを生成する際に欠かせない栄養素です。

 

その他にも毛細血管や軟骨、歯などを正常に保つ機能や、皮膚のメラニン色素の生成を抑える機能なども有しています。

 

体内にビタミンCが不足してしまうとコラーゲンの合成が上手くいかず、血管がもろくなります。

 

疲労感や倦怠感、広範な結合組織の弱化などを招く恐れもあります。

 

【参考文献】
Li Y, Schellhorn HE. New developments and novel therapeutic perspectives for vitamin C. J Nutr 2007;137:2171-84.

 

 

ビタミンDの働き

ビタミンDはD2〜D7まで存在しますが、一般的にはビタミンD2とD3のことを指します。

 

D2はキノコ類(キクラゲ、しめじ、椎茸など)、D3は魚介類(イワシ、カツオ、サケなど)、卵黄、バターなどに豊富に含まれています。

 

また、食事以外にも日光の紫外線を皮膚に浴びることでビタミンDが合成されます。

 

ビタミンDは肝臓や腎臓に吸収されることで活性型ビタミンDに変換され、体内の機能性タンパク質の働きを活性化させます。

 

例えば骨格や歯の発育促進や血中カルシウム濃度を正常に調節する、筋肉の収縮や神経伝達を正常に働かせるなどの役割があります。

 

ビタミンDが不足すると、骨が細くなったり、脆(もろ)くなる恐れがあります。

 

【参考文献】
Institute of Medicine, Food and Nutrition Board. Dietary Reference Intakes for Calcium and Vitamin D. Washington, DC: National Academy Press, 2010.

 

 

ビタミンEの働き

ビタミンEは4種類のトコフェロールと4種類のトコトリエノールの総称です。

 

アーモンドやウナギ、大豆、穀類、緑黄色野菜などに豊富に含まれています。

 

脂溶性ビタミンで、脂質と一緒に腸管からリンパ管を通って体内に吸収されます。

 

ビタミンEは抗酸化作用に優れていて、身体の老化を防いだり、血管や生殖機能の正常化に貢献します。

 

体内にビタミンEが不足すると、神経や血行、筋肉などに悪影響を及ぼします。

 

また、抗酸化力が低下することで肌にシミやシワができやすくなります。

 

 

 

ビタミンB1の働き

ビタミンB1は水溶性ビタミンの一種で、ブドウ糖をエネルギーに変換する際に欠かせない栄養素です。

 

エネルギーの生成や、皮膚・粘膜を正常に機能させるために働きかけます。

 

肉類や魚類、酵母、豆類などに豊富に含まれていますが、中でも豚肉や魚の血合部分にたくさん含まれています。

 

体内にビタミンB1が不足するとエネルギーの変換が上手くいかなくなり、疲れやすくなったり、食欲がなくなったりします。

 

【参考文献】
ビタミンの辞典:朝倉書店

 

 

ビタミンB2の働き

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、リボフラビンという化合物のことです。

 

豆類や酵母、レバー、牛乳、卵、緑黄色野菜などに豊富に含まれています。

 

体内に吸収されたビタミンB2はFMNやFADに変換されて、糖質やたんぱく質、脂質の代謝、さらにはエネルギー産生に関与する酸化還元酵素の補酵素として機能します。

 

ビタミンB2は『発育のビタミン』と呼ばれていて、身体の発育に重要な役割を担っていて、皮膚や髪の毛、爪などの細胞の再生に働きかけます。

 

特に成長期の段階では重要な栄養素の一つです。

 

【参考文献】
ビタミンの辞典:朝倉書店

 

 

ビタミンB6の働き

ビタミンB6は水溶性ビタミンの一種で、体内の新陳代謝に携わる100以上の酵素反応をサポートする働きがあります。

 

野菜や魚介類、肉類などに含まれていますが、特にマグロの赤身にたくさん含まれています。

 

体内に吸収したタンパク質からエネルギーを生成したり、筋肉や血液などを作り出す際にも活用されます。

 

その他にも皮膚や粘膜の健康維持にも貢献します。

 

一般的に不足しにくい栄養素ですが、体内のビタミンB6が不足すると、皮膚に異常が起こり湿疹や皮膚炎、口内炎などの症状が現れやすくなります。

 

【参考記事】
Vitamin B6(英文)

 

 

ビタミンB12の働き

ビタミンB12は水溶性のビタミンで、コバルトを含むビタミンの総称です。

 

肉類や魚類、乳製品などに含まれていますが、牛のレバーや二枚貝にたくさん含まれています。

 

神経や血液細胞を健康に保ったり、全細胞のDNA(遺伝物質)の生成をサポートする働きがあります。

 

さらに葉酸と協力し合って、赤血球中のヘモグロビンの生成を促します。

 

最近の研究では睡眠・覚醒のリズムに関わりがあると指摘されています。

 

ビタミンB12をしっかりと摂取することで、睡眠や覚醒のリズムを正常に整えます。

 

【参考記事】
ビタミンB12解説

 

 

葉酸の働き

葉酸は水溶性のビタミンで、プテロイルモノグルタミン酸やその派生物の総称です。

 

上記のビタミンB12と同様に赤血球を作り出す働きがあるので、『造血のビタミン』とも呼ばれています。

 

また、タンパク質や核酸を合成する際に作用する20種類近くに及ぶ酵素の働きをサポートする役割も担っています。

 

緑黄色野菜(ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ)や肉類(レバー)、卵黄、牛乳、豆類などに豊富に含まれています。

 

【参考記事】
葉酸

 

 

ナイアシンの働き

ナイアシンは水溶性に分類されているビタミンB群の一種で、ニコチン酸やニコチンアミドの総称です。

 

肉類、魚介類の他、豆類、緑黄色野菜などにたくさん含まれています。

 

ナイアシンは皮膚や粘膜を健康に維持する働きがあります。

 

その他にも体内の糖質や脂質を燃焼してエネルギーを生成したり、摂取したアルコールを分解する際に機能する酵素をサポートする役割があります。

 

【参考文献】
栄養の教科書 中嶋洋子 新星出版社

 

 

パントテン酸の働き

パントテン酸もビタミンB群の一種です。ビタミンB群の中では5番目に発見されたことからビタミンB5とも呼ばれています。

 

体内では炭水化物やタンパク質、脂質の代謝をサポートしてエネルギーを生成します。

 

例えば、上記のビタミンB1と共に糖分の代謝を促したり、ビタミンB2と共に脂質の代謝を促します。

 

パントテン酸はストレスに対して抵抗力を付ける働きもあります。

 

ホルモンの合成にも関与していて、ストレスを軽減させる副腎皮質ホルモンの働きを促して、ストレスの抵抗力を高めてくれます。

 

【参考文献】
栄養学総論 三共出版株式会社

 

 

 

【先着300名限定キャンペーン】

総額1,700円相当プレゼント!

 

 

 

増大効果はあまり期待できません

 

バイタルアンサーで増大効果を期待している方もいますが、それほど期待はできません。

 

なぜなら増大サプリに欠かせないシトルリンの含有量が少ないためです。

 

人気のある増大サプリでは1日あたり1,000mg程度のシトルリンが配合されています。

 

バイタルアンサーでは1日あたり500mgしかシトルリンを摂取できません・・・(汗)

 

そのため、増大効果を期待しているのであれば、他の増大サプリの購入を検討しましょう。

 

 

下半身の元気を取り戻すサプリです

バイタルアンサーは下半身の元気を取り戻すために開発されたサプリメントです。

 

それは主要成分のアルギニンが1,600mgも配合されている点からもよく分かります。

 

上述しているとおり、アルギニンには勃起力を高めたり、精子の質を向上させる働きがあります。

 

シトルリンはアルギニンの働きを高める目的で配合されています。

 

加齢や過度のストレスなどで「下半身に元気がなくなってきた・・・」という方に試してもらいたいですね。

 

 

 

バイタルアンサーに即効性はありません

 

バイタルアンサーは優れたメンズサプリですが、即効性はありません。

 

1箱くらい飲んだくらいでは、下半身の元気を取り戻すことはできません。

 

毎日バイタルアンサーを飲み続けることで、徐々に体質が改善していきます。

 

個人差はありますが、効果を実感できなくても3ヶ月くらいは毎日飲むことをおすすめします。

 

体質などによっては変化が遅い場合もあるので、できれば6ヶ月程度は飲み続けましょう。

 

公式サイト内でも2〜3ヶ月続けることを推奨しています。

 

<公式サイトからの引用>

どのくらいの期間飲めば良いですか?

 

バイタルアンサーはサプリメント(健康食品)となりますので、続けることが何より大事な商品となり、基本的に即効性はございません。

 

まず2〜3か月続けていただく事をお勧めしております。また、結果にはどうしても個人差がございます。

 

 

 

飲むのを止めたらリバウンドする可能性があります

ダウン

 

バイタルアンサーの作用によって変化を実感できたとしても、飲むのを止めたら徐々に元の状態に戻っていきます。

 

当たり前のことですよね。

 

今まで摂取してきた栄養を摂らなくなれば、当然以前の体質に戻ります。

 

 

効果を実感できたらメンテナンス目的に切り替える

そのため、バイタルアンサーで男の自信を取り戻せたとしても、一定の期間はそのまま飲み続けましょう。

 

できれば3ヶ月程度は続けて下さい。そうすることで改善した体質が定着しやすくなります。

 

そしてその後はメンテナンス目的として、1日あたりの摂取量を減らしていきます。

 

大体今まで飲んでいた量の半分程度でオッケーです。

 

今までの半分くらいの出費で済むので、無理なく続けられると思います。

 

 

 

バイタルアンサーが効かない・効果なしと感じる理由

バツマークを持つ女性

 

バイタルアンサーで多くの方々が男の自信を取り戻している一方で、「効かない」「効果なし」と感じている方も存在します。

 

ネット上に公開されているブログやSNSなどから情報を集めてみたところ、下記の3つの共通点が見つかりました。

 

  • 1箱しか飲んでいない
  • 毎日飲んでいない
  • 体質に合っていない

 

1箱しか飲んでいない

一番多かったのが『バイタルアンサーを1箱しか飲んでいない』です。

 

上述しているように、バイタルアンサーには即効性はありません。

 

そのため、たった1箱飲んだくらいでは大きな変化を実感することは難しいです。

 

個人差はありますが、3〜4箱くらい飲んでから効果があるかどうかを判断しましょう。

 

 

毎日飲んでいない

この『毎日飲んでいない』という理由も多かったですね。

 

バイタルアンサーの効果を実感したいのであれば、毎日飲み続けることをおすすめします。

 

気が向いた時に飲んだり、1〜2日おきなどのペースで飲んだとしても、期待しているような変化を実感することは難しいです。

 

当たり前ですが、バイタルアンサーの配合成分や含有量は適当に設定されているわけではありません。

 

男の自信を取り戻すために、配合成分の種類や含有量が精密に計算されています。

 

 

体質に合っていない

バイタルアンサーは優れたメンズサプリですが、飲んだ方全員が効果を実感できるわけではありません。

 

少数ですが、効果を実感できない方も一定数存在します。

 

3ヶ月にわたって毎日飲み続けても何も変化を感じない場合は、バイタルアンサーの配合成分があなたの体質に合っていないかもしれません。

 

その場合は他のメンズサプリを試してみて下さい。

 

具体的にはアルギニンを主要成分として採用していない商品が良いですね。

 

 

 


⇒ バイタルアンサーの公式サイトはこちら